ソフト紹介

ホーム  趣味  私の仕事
農業情報          Vector   モーグ     

ソフト一覧   製作方針

オンラインソフトについて
Vectorに登録しているソフトや、それのバージョンアップ版、未公開のソフトなどの情報がいち早く公開されています。ダウンロードもできます。ソフトはLZH形式で圧縮されていますので解凍してご使用ください。
ここに登録されているソフトはすべてフリーソフトです。ソフトのバグや仕様変更には素早く対応しています。
気のついたことや、不明なこと、ソフトのバグなどの情報、操作方法についての質問、等ありましたら作者までメールをお送りください。また、カスタマイズ版についてはできるだけ対応しますのでご一報ください。
作者へのメールはこちら
 


ソフト一覧

ソフト名 最新バージョン 最終更新日
固定資産管理Dx個人事業者版 1300 2013年3月9日 こちら
自分で申告、源泉徴収H29年度版 1701 2017年1月11日  こちら
自分で申告、源泉徴収H28年度版 1626 2017年1月10日  こちら
自分で申告、源泉徴収H27年度版 1510  2015年12月7日  こちら 
自分で申告、源泉徴収H26年度版 1410 2014年11月20日    こちら 
自分で申告、源泉徴収H25年度版 1305 2014年1月7日  こちら
自分で申告、源泉徴収H24年度版 1210 2012年11月17日 こちら
自分で申告、源泉徴収H23年度版 1117 2012年1月30日 こちら
自分で申告、源泉徴収H22年度版 1006 2012年1月8日 こちら
自分で申告、源泉徴収H21年度版 925 2010年1月16日 こちら
自分で申告、源泉徴収H20年度版 812 2009年2月12日 こちら
 自分で申告、源泉徴収票作成H28年版  1623 2016年12月14日  こちら 
自分で申告、確定申告B 403 2007年3月12日 こちら
日雇いさん賃金 402 2004年10月11日 こちら

製作方針

私のソフトは、使いやすさ、解りやすさをモットーとして作成しています。
《税務関係のソフトについて》
わたしのソフトは、個人事業者(農業などの家族経営事業者等)に最適になるように作っていますので、すべての方が使用できるとは限りませんが、該当者にはかえって扱いやすくなっていると思います。
該当者は、ぜひ一度使用してみてください。
法人については解らないことがありますので、法人対応版は作成しません。(できません)
記帳登録は、手書き記帳と同じく、税務署用紙や印刷用紙に直接入力する方法で行いますので、一度でも資料を作成したことがある人はとまどうことはないと思います。
初めての方も、税務署の手引き書がそのままソフトへの登録方法の参考資料として使えますので、簡単に理解できると思います。
この方法のメリットは、入力結果や計算結果を確かめながら入力できることです。
入力フォームや別シートからの入力だと計算結果を確かめながらの入力はできませんし、いつまでたっても訳のわからないまま使用することになりかねません。
申告資料作成を税理士さんに頼めば間違いはないと思いますが、いつかは、「すべての資料を自分で書いて」を実行し税務署等に直接送付ができるようにしたいものです。
そこで、正確な申告資料を作成するためのお手伝いをさせていただこうと思って、微力ながら必要であろうとおもわれるソフトを製作した次第です。
ソフト使用方法は、エクセルワークブック内の「ヘルプ」にできるだけ詳しく説明していますが、税務の申告方法などは、使用者も少しは勉強する必要があります。
《その他のソフトについて》
税務関係のソフト以外にも、エクセルを使用したいろいろなソフトを発表していきたいと思っていますので、楽しみにしていてください。

ソフトの解凍方法について
ソフトはLZH形式で圧縮されていますので解凍してご使用ください。
解凍ソフトはVectorなどのダウンロードサイトからダウンロードしてください。
Vectorの場合は、WIN/MAC→ガイド→準備→Windowsをお使いの方、とクリックしていくと詳しい説明があります。


【モーグ】http://www.moug.net  の説明

モーグは、Microsoft Officeに特化した日本最大級の情報コミュニティーサイト。

Q&A掲示板では、ユーザー同士が活発な意見交換を行ったり、疑問を投げかけて回答を寄せ合っている。その他にも、総数1500個を超える圧巻のテクニック集、ビジネスに直結した内容のスキルアップ講座など、充実のコンテンツを抱えている。
一度アクセスすれば、VBA初心者から上級者・開発者まで、利用価値「大」のお役立ちサイトであることが実感できるぞ!


このページのトップへ戻る

ホームへ戻る
ホームへ戻る

tmo